×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペットフードリコール騒動のまとめ

 
このまとめサイトでは、
「どこのペットフードがお奨め!」といった情報や、小遣い稼ぎのアフィリエイトなどは一切貼りません。
ペットフードリコール事件のまとめサイト
トップに戻る 最新ニュース ペットフードリコール騒動のまとめ 日本のフードは安全か? ペットフードリコールリスト
日本ではほとんど報道されないペットフードリコール事件の情報を、
国内外のニュースやブログから収集してまとめます。

最新ペットフードリコール関連ニュース

「ホームセンタームサシ」計1028個のメラミン入りフードを販売したと発表

2007年06月20日
 
新潟県を中心に京都府、北陸地方、山形県にチェーン展開するホームセンターの「ムサシ」が、リコール事件に気がつかずに1028個もの毒入りペットフードを販売したと公表しました。
アークランドサカモト株式会社
 

 

隠そう、隠そうとするメーカーや販売店の多い中、
詳細な数字まで明らかにした「ムサシ」の姿勢は評価出来るけれど、
「リコール対象となっていたと気がつかなかった」というのは、もう噴飯ものだよ!

 

 

ちなみに下の表が、「ムサシ」を経営するアークランドサカモト株式会社が明らかにした、リコール対象品の販売実績。

リコール対象となっているのは、ウォルマート社のドッグフード「オルロイ・ドッグ・フード・グルメ」のうち、賞味期限が来年の11月8日から再来年3月7日の間のものです。

 

  ビーフ チキン ターキー カントリー
シチュー
ラム&ライス テリヤキ  
仙台泉店(宮城県) 27 21 17 28 23 0 116
酒田店(山形県) 0 0 0 0 0 0 0
天童店(山形県) 0 5 7 0 0 0 0
南陽店(山形県) 0 0 0 0 0 0 0
村上店(新潟県) 0 10 2 0 0 0 12
新潟店(新潟県) 5 5 5 6 0 0 24
女池店(新潟県) 0 0 0 0 0 0 0
三条店(新潟県) 62 0 10 0 79 96 247
上越店(新潟県) 0 0 0 0 0 0 0
十日町店(新潟県) 0 0 0 0 0 0 0
佐和田店(新潟県) 70 31 47 44 65 59 316
両津店(新潟県) 0 28 0 106 0 0 134
富山店(富山県) 0 0 0 0 0 0 0
氷見店(富山県) 0 0 0 28 0 0 28
珠洲店(石川県) 0 2 0 0 0 1 3
京都八幡(京都府) 17 36 21 23 39 0 136
姫路店(兵庫県) 0 0 0 0 0 0 0
 
合計 181 138 109 238 206 159 1028

 

読売新聞も、19日付でこの件に関する報道をしています。

 

 

中国製歯磨き・飼料、輸入業者に有害物質検査徹底を通知

中国産原料を使った製品から有害物質が見つかった問題で、厚生労働省は全国の都道府県を通じ、練り歯磨きのメーカーや輸入業者などに有害物質の検査を徹底するよう改めて通知した。

農林水産省もペットフードを扱うホームセンターなどの小売業界に同様の通知を出した。

農水、厚労両省は5月以降、有害物質が混入した原料や製品を輸入していないか点検するようメーカーや輸入業者に通知している。練り歯磨きから有害物質のジエチレングリコールが検出されたのは、通知を受けて実施した自主検査によるもの。混入判明時には、すでに5月だけで約120万本が納品されていた。

化学物質メラミンが混入したペットフードも今月7日に販売が発覚するまでに1028個が販売された。並行輸入していたのは、農水省が通知を出していない小売業者だった。

食品は、国の検疫所で有害物質の有無を確かめる。飼料や医薬部外品などの輸入は国へ届け出が必要だが、検査は輸入業者などに委ねられている。正規の流通ルートを通さない並行輸入まで把握するのは難しいのが実情だ。


 

ムサシのように「気がつかなかった」という販売店は、まだまだあるかも知れないので、十分お気をつけください。

 



 
 関連ニュース一覧
2007/06/13
NHKニュースでアメリカを中心として発生した、ペットフードのリコール事件のメラミン入りフードが、日本国内でも流通しているとの報道がありました。
2007/06/12
日本農林水産省が、製造・輸入関係企業や小売店などに注意喚起を通知。