×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペットフードリコール騒動のまとめ

 
このまとめサイトでは、
「どこのペットフードがお奨め!」といった情報や、小遣い稼ぎのアフィリエイトなどは一切貼りません。
ペットフードリコール事件のまとめサイト
トップに戻る 最新ニュース ペットフードリコール騒動のまとめ 日本のフードは安全か? ペットフードリコールリスト
日本ではほとんど報道されないペットフードリコール事件の情報を、
国内外のニュースやブログから収集してまとめます。

最新ペットフードリコール関連ニュース

「3万9000匹の犬猫が発症、または死亡」アメリカの大手動物病院グループが発表

2007年06月17日
 
アメリカに615カ所の動物病院をチェーン展開する『バンフィールド動物病院グループ』の発表では、今回の毒入りペットフードにより最大で3万9000匹もの犬や猫が、発症し、死亡したとしています・・・
Akron Beacon Journal
 

 

猫に限っていえば、2006年の12月から今年の3月までの間に、100万匹を超える猫を看たらしいんだけど、腎臓疾患はこれまでよりも30%以上多かったそうだよ。

 

 

記事の中ではペットフードメーカーのブルーバッファロー社が、アメリカンニュートリション社を起訴したことにも触れています。

 

 

アメリカンニュートリション社とは、ブル社からペットフードの製造委託されている下請けなんだけど、このニュートリション社がペットフードに勝手にライスプロテインを入れていたらしいんだ。

 

 

ブル社は「ニュートリション社に製造委託した製品は信用出来ない」として、ライスプロテインが入っていないとされる製品も、回収しているそうです。

 

 

ニュートリション社は「ライスプロテインを混ぜたのは別に悪意があったわけではなく、健康にいいから混ぜたのだ」って言ってるけど、言い訳にすらなってないよ。

肉を使わずに、ペットフードに表記されているタンパク質の値に近づけるために、小麦やトウモロコシ、大豆なんかのアレルギーを引き起こしやすいものは入れず、ライスプロテインを入れたとも書いてるけど、フードメーカーの把握していないところで製造を委託している業者が好き勝手にやられたんじゃ、そりゃ確かに困っちゃうよね。
http://www.americannutritioninc.com/PR4272007.asp

 

 

いまにはじまったことではないし、なにもこれはアメリカに限った話ではなく日本でもそうだけど、ペットフード業界はほんとにいい加減というか、なんというか・・・