×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペットフードリコール騒動のまとめ

 
このまとめサイトでは、
「どこのペットフードがお奨め!」といった情報や、小遣い稼ぎのアフィリエイトなどは一切貼りません。
ペットフードリコール事件のまとめサイト
トップに戻る 最新ニュース ペットフードリコール騒動のまとめ 日本のフードは安全か? ペットフードリコールリスト
日本ではほとんど報道されないペットフードリコール事件の情報を、
国内外のニュースやブログから収集してまとめます。

最新ペットフードリコール関連ニュース

猛毒のアセトアミノフェンが「サイエンスダイエット」などから検出されたようです。

2007年06月06日
 

アセトアミノフェンが、「サイエンスダイエット」と、「Pet Pride」から検出されたようです。
http://petfoodtracker.blogspot.com/

猫や犬がアセトアミノフェンをたとえ少量でも摂取すると、低酸素症に陥り、出血性の胃潰瘍やチアノーゼ、顔面の浮腫(顔がぼこぼこに腫れ上がる)などの症状が見られ、死にいたることも珍しくありません・・・

人間とは体の仕組みが違うから、ほんの少量のアセトアミノフェンでも、猫や犬にとっては致命的なんだ。

とくに猫の場合はほんの数ミリグラムを接種しただけでも、死んでしまうんだって・・・

 

 

▼検査結果はこちら

Pet Pride

Turkey and Giblets Dinner(ロッド:APR.24.09)
Mixed Grill(ロッド:SEP.07.09 )

シアヌル酸
アセトアミノフェン
ヒルズ・サイエンス・ダイエット ドライフード

アセトアミノフェン
ヒルズ・サイエンス・ダイエット アダルト

シアヌル酸、
アセトアミノフェン

なぜこれらのフードに、猫や犬にとっては猛毒のアセトアミノフェンが混入していたのかというのは、いまのところはわかっていないようです。
ちなみにこのフードは、リコールの対象外(安全)とされていたものだって・・・

 

 
上のブログでも書かれているけれど、
今回のペットフード・リコール事件で、メラミンなどの検出検査をしたFDA(アメリカ食品医薬品局)が、アセトアミノフェンを見逃していたことによって、検査機関やメーカーへの不信感が、アメリカではより一層広まっているみたい。
 

 

メラミンが検出されなかったフードをあげているはずなのに、猫や犬が病気にかかっていく事例が後を絶たないのは、このアセトアミノフェンとシアヌル酸が原因じゃないかっていう見解もあるね・・・
http://www.petfoodrecallfacts.com/lab.html